人間環境工学研究室

BIMによる環境建築設計プロセスの高度化

建築設計はBuilding Information Modeling(BIM)の導入により大きな転機を迎えています。BIMによる建築設計の情報化は、建築の温熱環境や空気環境、光環境、エネルギー消費量を設計過程で確認するシミュレーション技術の活用を促進する効果を持ち、建築の環境性能の向上に大きく寄与することが期待されています。
人間環境工学研究室では、地球規模での命題となる環境負荷低減に貢献すべく、BIMを基盤とした「環境建築設計プロセス」の本質を追求しています。
(BIM: 従来の2次元図面を用いた建築設計とは異なり、建材・機器等の属性情報を付加した3次元CADデータを用いた建築設計)

The 3rd Virtual Design World Cup 入賞作品(人間環境工学研究室所属学生の作品)

 

                                                      風環境・空気環境の解析