建築材料実験(平成22年度)

<履修年次>3年次

概要:木材・鉄鋼材料およびコンクリートを中心として、建築材料の品質判定上、基本となる諸性質について、日本工業規格に準じた試験を行い、その試験方法を習得する。また、実験結果の整理および報告書の作成を通じて、材料特性に対する理解を深める。

主な試験内容:コンクリートの練混ぜ・スランプ試験・空気量試験・圧縮試験・強度推定試験、木材の圧縮・曲げ試験および鉄筋引張試験