建築構造学研究室

鉄骨枠組ブレース耐震補強工法

鉄筋コンクリート造の小学校建物を対象として、新しい鉄骨枠組ブレース耐震補強工法を紹介します。

写真1 外観 写真2 内観

 

本耐震補強工法は、大学の実験施設で、共同研究先企業と、本研究室の卒論生、大学院学生がいっしょに研究・開発したものです。ブレースを取り付ける枠組鉄骨と鉄筋コンクリート造躯体との接合に大きな工夫がされています。現在は、さらに工夫を重ね、建物外側のみから耐震補強できる補強工法(外付け工法)の研究・開発に取り組んでいます。写真3~4は、その補強工法の試験体(1/2.5縮小模型)の水平力加力実験の模様です。

写真3 実験装置と試験体(外側) 写真4 実験装置と試験体(既存躯体側)