感性デザイン工学科では,人の感性の多面性や多様性への理解に立脚した,安全・快適で環境に優しい建築を創造する技術や基礎デザインの技術を養成し,これらの技術を活かした分野で活躍する人材を育成します。また,科学技術の基本的なアイデアや発見を大切に育て形にする創造的な力を実践教育(実験・演習等)を通して養い,また講義や卒業研究を通して建築やデザインに関する幅広い知識を習得して,人の行為が社会や自然環境に及ぼす影響を理解しつつ社会の要求に応えることのできるエキスパートの養成を目指しています。


学部・大学院教育の連携

学部4年間、大学院博士前期課程2年間、大学院博士後期課程3年間を3つの期間(Term)に分け、それぞれのTermごとに基礎技術教育、専門技術教育、高度専門技術教育を行います。従来の4年で卒業する教育に加えて、学部と大学院博士前期課程までの教育の連携を強化します。

 
 
学部・大学院の連携
 

 

教育体制

感性工学系分野、基礎デザイン系分野、造形系分野から成る「デザイン系教育」と構造系分野、環境系分野、計画系分野から成る「建築設計工学系教育」を二本の柱とした教育を行います。この2つの教育体系によりTerm1では、デザインと建築工学の基礎技術教育を行い、Term2では、2つの教育体系の統合・融合化を図る発展的な専門技術教育を行います。Term3では、各分野の専門家として研究・実践できる高度な専門技術教育へと展開します。これに伴い、これまでの「人間空間コース」、「メディア情報工学コース」の2コース制を廃止し、建築・デザインを主体とするカリキュラム編成に移行します。

 

カリキュラムの基本的な考え方